top of page

あなたは神を知っていると思いますか?

更新日:2023年4月24日


by ジョナサン・クラーク



私たちは人生の目標を「知っている」ことにしがちですが、神が単に知ること以上のものを望んでいるとしたらどうでしょうか。





"「すべての中で、どれが第一の戒めですか。」イエスは答えられた。「第一の戒めはこれです。『聞け、イスラエルよ。主は私たちの神。主は唯一である。あなたは心を尽くし、いのちを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。』"-マルコ12:28-30



イエスは私たちの目標を壮大な単純さで示しています。私たちは神を愛することです。私たちは彼と関係を持ち、彼を知り、彼の道に従うのです。


私たちはイエスを知りたいのですが、理論的な知識を蓄積だけでではありません。ヘンリー王8世の歴史の専門家がいても、彼の知識は純粋に学術的なものであり、その人との関わりや関係に伴う微妙なニュアンスをすべて見逃しています。


代わりに、私たちは神の与えられた言葉に基づいており、私たちに提供された神との関係に伴う経験的知識によって活気に満ち、生き生きとした神の理解を追求しています。



父の祝福

ダビデの治世の終わりに、ダビデが王国を引き継ぐために、息子を相続人として定めるのを見ます。ダビデは、多くの君主のように、王権に固執して死ぬことはしませんでした。彼はソロモンを将来の王として定める神の声を聞いたので、ダビデは彼の代わりにソロモンを王にしました。歴代誌上第22章では、ダビデが息子を祝福します。


"そこで、わが子よ、主があなたとともにおられ、主があなたについて語られたとおり、あなたが、あなたの神、主の宮を立派に建て上げることができるように。

ただ、どうか主があなたに思慮と悟りを与えて、あなたをイスラエルの上に任命し、あなたの神、主の律法を守らせてくださるように。

主がイスラエルのためにモーセに命じられた掟と定めをあなたが守り行うなら、あなたは栄える。強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。"



ダビデは息子を祝福します。彼は、息子に理解が与えられるよう主に求めます。ソロモンはこれをはっきりと聞いていたでしょう。それから物語が進むにつれて、ソロモンの治世の初めに神が訪れ、「ソロモン、あなたは何が欲しいですか?私に何でも願いなさい。」という黄金の質問をしました。


あなたなら主に何を求めるでしょうか?

ソロモンは父親の祝福に耳を傾けていたようで、その結果、彼はうまく選択します。


"わが神、主よ。今あなたは私の父ダビデに代わって、このしもべを王とされました。しかし私は小さな子どもで、出入りする術を知りません。

そのうえ、しもべは、あなたが選んだあなたの民の中にいます。あまりにも多くて、数えることも調べることもできないほど大勢の民です。

善悪を判断してあなたの民をさばくために、聞き分ける心をしもべに与えてください。さもなければ、だれに、この大勢のあなたの民をさばくことができるでしょうか。」これは主のみこころにかなった。ソロモンがこのことを願ったからである。"

列王記 第一 3章7~10節)




ダビデの足跡をたどる

時が来て、神がソロモンに何が欲しいかを尋ねるとき、ソロモンの口から繰り返されるのは、彼の父の祈りであることに注目してください。神は彼の反応を愛し、知恵を与えることに加えて、ソロモンの治世に富と名誉を積み上げます。


以下は輝かしい物語です。ソロモンは信じられないほどの知恵をもって支配します。実際、"彼の知恵のうわさを聞いた世界のすべての王たちのもとから、あらゆる国の人々が、ソロモンの知恵を聞くためにやって来ました。"列王記 第一 4章34節


ソロモンの治世下でイスラエルは繁栄します。近隣諸国が賛辞をもたらすにつれて、国は豊かで影響力を持つようになります。そして、ソロモンは神殿を建てます。神殿は民の中に神が臨在するための安息の場所です。契約の箱が持ち込まれ、栄光が神殿を満たし、ソロモンは神殿を主に捧げます。


前例のない成功の真っ只中に、神はソロモンに再度訪れますが、今回は注意が必要です。父ダビデのように神の前を正しく歩むなら祝福を約束しますが、彼の心が他の神を追い求めるならば、イスラエルは神の祝福と覆いの約束から出て、神の霊は神殿を去るであろうと警告します。主は知識、理解、識別力だけでなく、分断されていない心を望んでおられます。


そして最後にソロモンは失敗します。



知識から心の啓示へ

この偉大な王は、多くの妻に誘惑されます(列王記上11章)。ソロモンが正しく歩み、神の心を求めて、それを保つ力を与えられるには、頭の知識以上のものが必要です。


私たちが神の前で傷のない者としてに正しく歩むには、頭の知識以上のものが必要です。


ソロモンは、神の心の啓示のもとに来る必要がありました。彼の父ダビデのように、心の愛情と礼拝に向くことです。教会、また私たちには、神の心の啓示が必要です。


ソロモンは、父親が彼のために知恵を祈るのを聞きましたが、もし彼に聞く耳があれば、父親が彼について他の言葉を話すのを聞いたでしょう。


"わが子ソロモンよ。あなたの父の神を知り、全き心と喜びの気持ちをもって神に仕えなさい。主はすべての心を探り、すべての思いの動機を読み取られるからである。もし、あなたが神を求めるなら、神はあなたにご自分を現される。もし、あなたが神を離れるなら、神はあなたをとこしえまでも退けられる。

今、心に留めなさい。主は聖所となる宮を建てるために、あなたを選ばれた。勇気を出して実行しなさい。」"

歴代誌 第一 28章9~10節



ダビデは心だけでなく、心の重要性も理解していました。


神を追い求めることに関して、ダビデはより偉大な王でした。彼が最も裕福で、最も強力で、罪がないからではなく、国を神の心の理解、つまり礼拝に導いたからです


私たちが神を知ることを求めるとき、あなたは「理解」と「関係」の両方において、「知ること」と「近づくこと」の両方をどのようにやっていますか?




閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page