とりなしとは?その重要性と方法


by アリス・クラーク



とりなし。

この用語はあなたに馴染みがあるかもしれませんし、あるいは「クリスチャン」の神秘的な領域に当てはまるかもしれません。 この投稿では、その謎を取り除きます。 Catch The Fireのとりなしのリーダーであるエイプリル・ステファンソンの助けを借りて、とりなしとは何か、またその方法、そしてなぜとりなしが重要なのかを見ていきます。



エイプリルは、Catch The Fireのグローバルリーダーシップチームのために祈るチームを率い、特定の地域のために祈るチームを監督しています。彼女はまた、世界中のCatch The Fire教会のための祈りととりなしの訓練を導き、とりなしを訓練するためのプレゼンスインターセッションと呼ばれるプログラムをリリースしようとしています。



エイプリルは平和と知恵を運びます。彼女と一緒に時間を過ごすと、彼女が神を深く知っており、長年これを追求してきたことが分かります。「28歳で聖霊のバプテスマを経験し、私の祈りの生活は劇的に変わりました。」とエイプリルは言います。「私の祈りはいつもみことばに基づいていましたが、今ではその重要な基盤に加えて、神が私にとって非常に現実的であり、祈りが私たちの会話になりました。私は話すよりもイエスに耳を傾けることを学び、彼は私に祈ることを教えてくれました。私がいつも愛し、勉強していた聖書が生きてきました。聖霊がビジョン、経験、そして夢を通して祈る方法を私に教え始めたので、祈りは今やダイナミックな冒険になりました。何年にもわたって、神は私の心を癒し、愛するように教えてくださいました。私は今、真の愛がとりなしに不可欠であることに気づきました。」


聖霊とのダイナミックな冒険として、祈りを追求することに興味がありますか?

知っておくべきことは次のとおりです。




祈りととりなしの違い

「とりなしは、別の人、人々のグループ、状況、教会、またはコミュニティなど、他の人に代わって神に語りかけています。とりなしは私たちの時間と人生の焦点の犠牲です。」

– エイプリル・スティーブンソン



祈りととりなしについて同じ意味で話していたかもしれませんが、違いがあります。「祈りという用語は、神と話すあらゆる時に使用できます」とエイプリルは言います。「しかし、この用語をとりなしと区別するために、祈りは自分自身に関係することについて神と話していると言えます。一方とりなしは、別の人、人々のグループ、状況、教会、またはコミュニティなど、他の人に代わって神に語りかけています。とりなしは私たちの時間と人生の焦点を犠牲にするものです。それは、私たちが他の人のために私たちの人生をどのように置くことができるかの一例です。それは他人を愛する形なのです。」


聖書の中のとりなし

聖書には、祈りについて語っているところがあります。祈る方法、いつ祈るのか、そして祈りが違いを生む物語などです。そして、多くの点が特にとりなしについて語っています。エイプリルは次のように述べています。「聖書は最初からとりなしの祈りで満たされています。モーセ、ダニエル、ヒゼキヤ、ネヘミヤは、人々に代わって介入し、神は彼らの罪を赦し、助けました。一例はダニエル10章で、ダニエルは人々に代わって断食と祈りをしていました。 3週間後天使がやって来て、「すぐにあなたの祈りは神に聞かれました」と言います。


「私たちが新約聖書に入ると、私たちはお互いを愛することの一部として祈るようにとイエスが励まします。私たちはお互いの重荷を背負っており、それは祈りの中で行うことができます。新約聖書は、祈るしるしと祈る励ましに満ちています。 1ペテロ4:7-8は、「あなたが祈ることができるように、用心深く、冷静な心を持ってください。何よりも、愛は多くの罪を覆っているので、お互いを深く愛し合ってください。」とあります。そこには、祈るだけでなく、明晰(警告)と自己管理(冷静)があり、それをあなたの霊的な賜物や祈りの生活の中で発展しているかどうかにかかわらず、神の愛と結びつけます。神は常に二つを一つにまとめておられます。


「使徒12章は、神の民が祈った結果、天使によって奇跡的に刑務所から解放された使徒ペテロの話を記録しています。今日、私たちが天の父の意志が私たちの生活や他の人々に現れるように祈り、とりなしをしているとき、私たちは神の世界、奇跡的な領域に神と関わっています。」