top of page

とりなしとは?その重要性と方法

更新日:2023年4月24日


by アリス・クラーク



とりなし。

この用語はあなたに馴染みがあるかもしれませんし、あるいは「クリスチャン」の神秘的な領域に当てはまるかもしれません。 この投稿では、その謎を取り除きます。 Catch The Fireのとりなしのリーダーであるエイプリル・ステファンソンの助けを借りて、とりなしとは何か、またその方法、そしてなぜとりなしが重要なのかを見ていきます。



エイプリルは、Catch The Fireのグローバルリーダーシップチームのために祈るチームを率い、特定の地域のために祈るチームを監督しています。彼女はまた、世界中のCatch The Fire教会のための祈りととりなしの訓練を導き、とりなしを訓練するためのプレゼンスインターセッションと呼ばれるプログラムをリリースしようとしています。



エイプリルは平和と知恵を運びます。彼女と一緒に時間を過ごすと、彼女が神を深く知っており、長年これを追求してきたことが分かります。「28歳で聖霊のバプテスマを経験し、私の祈りの生活は劇的に変わりました。」とエイプリルは言います。「私の祈りはいつもみことばに基づいていましたが、今ではその重要な基盤に加えて、神が私にとって非常に現実的であり、祈りが私たちの会話になりました。私は話すよりもイエスに耳を傾けることを学び、彼は私に祈ることを教えてくれました。私がいつも愛し、勉強していた聖書が生きてきました。聖霊がビジョン、経験、そして夢を通して祈る方法を私に教え始めたので、祈りは今やダイナミックな冒険になりました。何年にもわたって、神は私の心を癒し、愛するように教えてくださいました。私は今、真の愛がとりなしに不可欠であることに気づきました。」


聖霊とのダイナミックな冒険として、祈りを追求することに興味がありますか?

知っておくべきことは次のとおりです。




祈りととりなしの違い

「とりなしは、別の人、人々のグループ、状況、教会、またはコミュニティなど、他の人に代わって神に語りかけています。とりなしは私たちの時間と人生の焦点の犠牲です。」

– エイプリル・スティーブンソン



祈りととりなしについて同じ意味で話していたかもしれませんが、違いがあります。「祈りという用語は、神と話すあらゆる時に使用できます」とエイプリルは言います。「しかし、この用語をとりなしと区別するために、祈りは自分自身に関係することについて神と話していると言えます。一方とりなしは、別の人、人々のグループ、状況、教会、またはコミュニティなど、他の人に代わって神に語りかけています。とりなしは私たちの時間と人生の焦点を犠牲にするものです。それは、私たちが他の人のために私たちの人生をどのように置くことができるかの一例です。それは他人を愛する形なのです。」


聖書の中のとりなし

聖書には、祈りについて語っているところがあります。祈る方法、いつ祈るのか、そして祈りが違いを生む物語などです。そして、多くの点が特にとりなしについて語っています。エイプリルは次のように述べています。「聖書は最初からとりなしの祈りで満たされています。モーセ、ダニエル、ヒゼキヤ、ネヘミヤは、人々に代わって介入し、神は彼らの罪を赦し、助けました。一例はダニエル10章で、ダニエルは人々に代わって断食と祈りをしていました。 3週間後天使がやって来て、「すぐにあなたの祈りは神に聞かれました」と言います。


「私たちが新約聖書に入ると、私たちはお互いを愛することの一部として祈るようにとイエスが励まします。私たちはお互いの重荷を背負っており、それは祈りの中で行うことができます。新約聖書は、祈るしるしと祈る励ましに満ちています。 1ペテロ4:7-8は、「あなたが祈ることができるように、用心深く、冷静な心を持ってください。何よりも、愛は多くの罪を覆っているので、お互いを深く愛し合ってください。」とあります。そこには、祈るだけでなく、明晰(警告)と自己管理(冷静)があり、それをあなたの霊的な賜物や祈りの生活の中で発展しているかどうかにかかわらず、神の愛と結びつけます。神は常に二つを一つにまとめておられます。


「使徒12章は、神の民が祈った結果、天使によって奇跡的に刑務所から解放された使徒ペテロの話を記録しています。今日、私たちが天の父の意志が私たちの生活や他の人々に現れるように祈り、とりなしをしているとき、私たちは神の世界、奇跡的な領域に神と関わっています。」



教会にとって祈りととりなしが重要である理由

「私たちはお互いを愛するように召されているので、とりなしは教会にとって重要です。そして、お互いを愛することは私たちの人生を築くことです。」とエイプリルは言います。私たちは神に仕え、人々に仕えるように、さまざまな方法で人生を築きます。私たちが奉仕する一つの方法は祈りです。


「私たちは自分たちのニーズと状況に焦点を合わせ、時間を置いています。私たちが喜んで祈る時間を指示することはできません。夜間または早朝の可能性があり、いつでも中断する可能性があります。それはほんの一分だったり、自発的な祈り、そして時にはもっと長い祈りだったりします。私たちはお互いを深く愛するように召されているので、私たちは愛の王国であり、ますますイエスのようになり、そして私たちは皆、祈るように召されています。ミニストリーとして牧師に呼ばれるのと同じように、ミニストリーとしてとりなし者と呼ばれる人もいますが、私たちは皆、祈るように召されています。」


世界中の祈りととりなしの表現は、さまざまな形でやって来ます。 「神は世界中の多くの国で行われている信じられないほどの祈りのムーブメントを作りました。そしてそれらは成長しています。しかし、オンラインでのこれらの大規模な祈りの集まりや祈りの動きに加え、神はまた非常に異なる方法で働いています。神は自発的に小さなグループの人々を集めています。彼らは集まり、祈っています。そして彼らと語っているのです。御国はこれらの何百もの異なる小さな祈りのグループすべてを通して来るのだと私は信じています」とエイプリルは言います。



効果的なとりなしの原則

どうすれば効果的にとりなせるでしょうか? 「公式はありません」とエイプリルは言います。「イエスが教えられた原則はありますが、公式はありません。彼はさまざまな方法で物事を行うのが大好きです。」


より効果的なとりなしのために従うべき5つの原則は次のとおりです。



1.聖書を掘り下げる

「他のどの本よりも、聖書の神の言葉を知って祈る人々は非常に強いです」とエイプリルは言います。「私たちは神を知らなければならないので、神を理解し始め、神が私たちに何を求めているのか、何を探しているのかを知るようになります。」


マタイ6章の主の祈りは、イエスが私たちに祈り方を教えてくれた優れた例ですが、この祈りを文脈の中で見ることが重要です。彼はクローゼットの祈り、短い祈りの中で神との時間について話し、言葉が多すぎないようにします。神は多くのことについて話し、そのすべての中で主の祈りの模範を示します」とエイプリルは言います。「それが前後に何を言っているか、そして文脈が何であるかを見てください。」


2.神との関係を追求する

祈りは神と共に私たちの生活の一部です。それは私たちの愛する父との継続的な会話と交わりです。 「とりなしは神との会話における神との関係がすべてであるため、私はライフスタイルから祈りを取り出すことはしません」とエイプリルは言います。「イエスの道に従うことは非常に重要です。そうすれば、私たちが何をすべきか、どのようにこのいのちに近づくを聞くだけでなく、実際にそれを行っているので、私たちの祈りはより効果的です。」


3. 質問して待つ

「私たちが「どのように祈るべき?」または「これはどういう意味?」と考えるときはいつでも、立ち止まって神に尋ねて待ってください。」とエイプリルは言います。「私は、神が求められるのが大好きだと気づきました。彼はプロセスの一部であることが大好きです。私が大丈夫だと思って何を祈るべきかを知っている時よりも、それは神をもっと喜ばせているようです。神と一緒に祈りの旅を歩き、立ち止まり、また歩き始める時、神の臨在をとても強くを感じます。私にとって、これはとりなしのイエスとの共同作業、聖霊との共同作業、父との共同作業です。そうすれば、それはただ素晴らしい経験になります。」


4. 霊的賜物を求める

とりなしは、御霊の賜物と一緒に働きます。聖霊は祈りを導くために、預言、知識の言葉、異言、識別力を明らかにします。エイプリルは、これらの啓示的な賜物を通して、次のように説明しています。「とりなしでたどり着きたいのは具体性です。より効果的にするために、一般的なものから具体的なものに移行したいのです。」


5. 神のマスタープランを信頼する

神にどのように祈るかを尋ねることは、すべてを正しくするために、私たちから圧力を取り除きます。神は祈りの中で私たちとパートナーを組むことを望んでいます。


「神にはマスタープランがあり、あらゆる状況に対応する戦略があります。しかし、私たちはその一部を見て、それに従事することしかできません。神は他の人々に彼の「救助計画」の他の部分を祈らせるかもしれませんし、神は計画の特定の部分だけを今、そして来週または来年も行う準備ができているかもしれません。」とエイプリルは言います。「神の計画は断片的なものとタイミングで階層化されています。私が神に話す機会を与えるとき、私に祈る役割を与えるために、忠実な神に頼ることができるのは安らかなことです。祈りの中で計画を尋ね、それに従ってください。」




とりなしは違いを生む

とりなしの数十年の経験で、エイプリルは他の人に代わって効果的な祈りが無数の状況に違いをもたらすのを見てきました。彼女がとりなしチームと一緒に旅行したとき、彼らは神が特定の場所に旅して祈るように導いたと感じましたが、神が見たいと思っていた地域に重要な精神的拠点があることを後で発見しました。 エイプリルには、教会を含む特定の場所と時間の映像をよく見ます。それは、教会が現在の問題から前進し、突破口を見ることができる方法についての戦略を示しています。


彼女は最近の祈りの忍耐の例について次のように述べています。「私は若いカップルを見ることができました。彼らはソファーに座っていて、20代後半のように見えました。彼らの居間で彼らを見て、彼らの間の緊張を感じることができました。妻は背を向けて起き上がって部屋を出て、映像は終わりました。それで私は彼らのためにとりなしを始めました。私は彼らの会話から、彼が警察にいることを知りました。」


「私は、神に耳を傾けるなど、自分が知っているあらゆる方法でとりなしを始めましたが、心から負担がかかることは感じませんでした。それで私は神に固執しました。私は神と普通に話し、神が非常に現実的であると信じています。それで、私は「あなたは私が知らないことを知っていますね」と言いました。結局、神は私に言いました。「これは若いカップルです。彼は警察にいます。彼は路上にいるとき、仕事で毎日非常に困難な状況に対処しなければなりません。それは苦痛であり、彼はそれを妻と共有することができません。そして、彼女はそれを彼の冷たさとしてとらえました。彼女は彼が仕事のトラウマに苦しんでいることを理解していません。」そうこうするうちに、負担が軽くなりました。効果的に祈るために必要な情報を神が私に与えてくださったので、神がその結婚生活の中で動いたことは間違いありません。」


「私は彼らが誰であるかわかりませんが、私は彼らを非常にはっきりと見ました。まるで神が私を彼らの家に入れさせてくれたようです。これは珍しいことではありません、それは聖書にもあります。エリシャは敵の計画に参加し、その知識から戦略的に祈りました。神があなたをある状況に正しく連れて行くことができるのは珍しいことではありません。それは、知識の言葉、識別力、ビジョン、またはとりなしの夢の形である可能性があり、それはあなたが効果的に祈ることができるようにあなたに情報を与えます。」




もっととりなしについて学びたいですか?

#empower では、とりなしについてのコースを用意しています。こちらからアクセスして、ぜひとりなしを自分のライフスタイルにしてください!



閲覧数:98回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page