どうすれば神に飢え続けることができるか? 知っておくべき7つのこと


by ダンカン・スミス



私は、ケンに祈ってくれるよう頼まなければならないと感じていました。説教者のケン・ゴットは、火と情熱を持ってメッセージをしていました。彼は明らかに神ご自身を経験していたので、私のために祈ってもらわずに帰りたくありませんでした。私は神に対して必死でした。


しかし、時間は遅くなっていました。集会が終わると、大勢の人が建物から溢れ出しました。駐車場で彼を見つけたとき、雨が降っていました。ケンは自分の車に到着し、リーダーたちに別れを告げていました。彼が車に乗り込もうとしたとき、私は走って近づきました。


「お忙しいところ申し訳ありません。でも祈ってもらえますか?」私は尋ねました。