top of page

地を治める - 気候変動、消費者主義、そして環境

更新日:2023年4月24日



ダンカン・スミス (Catch The Fire 代表)



現代の最大の問題の一つは、地球温暖化や気候変動、コミュニティや生態系の崩壊です。政府や企業はこれらの問題に取り組んでおり、社会のあらゆる層が何らかの形で影響を受けていますが、教会はこの問題についてあまり多くを語っていないようです。


私が環境生物学の学士号を取得したのは何年も前のことですが、その時に学んだことの多くが今日の私の視点を形成しています。




私はいろいろな意味で、神の心の成就は、神の子であるクリスチャンにあると信じています。パウロは、「被造物はすべて、神の子らが現われるのを待ち望んでいます」(ローマ8:19)と言って、その答えを教えています。パウロは、自分が神の子であることを理解している世代は、神がすべての被造物の父であり、被造物の良き管理者となる能力があると言っています。



創造の父、光の父は、お造りになったすべてのものを愛しておられます。海の魚も、空の鳥も、森も、山も、川も、この巨大な生物多様性を持つ惑星のあらゆる側面を愛しておられます。


私たちは、気候変動や地球温暖化が政治的に大きな話題になっていることを知っています。空想だと思う人と、事実だと思う人、両方の立場の人がいます。



神の世界


現実には、この世界は神に愛されています。この世界は神の創造物です。創造の父、光の父は、ご自分が作ったすべてのものを愛しておられます。海の魚も、空の鳥も、森も、山も、川も、この巨大な生物多様性を持つ惑星のあらゆる側面を愛しておられます。神が作ったからこそ、すべてを愛しているのです。私たちのために、ご自身のために、そして私たちが神と一緒に楽しむために作られたのです。


私たちは神の子として、環境、森林破壊、生物多様性や熱帯雨林の喪失、生息地や草原の喪失、種の劣化などに、実際に気を配る人間になるように求められています。




多くの点で、創造物の破壊という現在の現実の責任は人間にあります。だからこそ、私たちは主が与えてくださったものを大切にしなければなりません。資源を管理し、技術の進歩を受け入れ、地球を破壊するのではなく、未来の世代のために保存し、強化する方法で用いなければなりません。


すべての被造物は、その答えを私たちクリスチャンに求めているのだと思います。

なぜなら、森林再生、種の再繁殖、資源を枯渇させるのではなく、再生可能なエネルギーでこの世界を向上させるように配慮することができる可能性があるからです。



治めること


これは政治的な問題でも、社会主義か資本主義かという問題でもありません。治めることなのです。


それは、私たちが創造主の心を持った神の子であるということであり、この世界は美しく作られていて、神と一緒に働けばより美しくなることを知り、理解しているということです。


私の考えでは、教会が創造物の管理に踏み込めない理由の一つは、この地球を離れることについての神学があるからだと思います。新しい地球があり、最後にはすべてが火に変わるのだから、ここで何が起こるかは重要ではないというのです。それは事実かもしれませんが、その時がいつなのかはわかりません。




2000年前、彼らはそれが差し迫っていると考えていましたが、まだその時は来ていません。私はイエスがすぐに戻ってくると信じていますが、実はまだ来られるのを待っているのかもしれません。もし私たちが、主の創造物をよく管理する最初の世代になれるとしたらどうでしょう?信仰を通して、聖霊とパートナーを組み、うめき声を上げている被造物の世話をするのです。


私が大学で学んでいた90年代初頭には、淡水が最も希少な資源になることから、淡水をめぐって第三次世界大戦が起こるだろうと言われていました。


政治的な問題はさておき、もし世界から真水がなくなってしまったらどうなるでしょうか? 未来の世代が酸素不足になったらどうなるだろう?未来の子供たちが、今はもう存在しない動物が登場する絵本を読むとしたら、どうなるでしょう?


私たちが、彼らが存在できるように生息地を管理することができなかった生き物となります。これらのものはすべて、私たちが「家」と呼ぶものを構成しているという点で重要です。私たちが楽しみ、世話をするために神が作った家です。



神の人口爆発


地球の健康をめぐってよく議論されるもう一つの問題は、人口爆発です。世間では、人口爆発は有害であり、地球上で人口が増えすぎないようにチェックする必要があると言われています。しかし、神の心はその逆だと思います。なぜなら、それらの人々の一人一人が神の子供だからです。神が愛し、十字架にかけられた息子のために与えられた、未来の世代の人々です。神の心は、この世界の人口爆発だけではなく、天の御国での新生、霊の再生、人口爆発を求めているのだと思います。




私たちは「10億人の魂の収穫」について話していますが、それは救われた人々が、創造主である父なる神の心に入るためのものです。



消費者主義


今日の現実の一つは、大企業のコングロマリット、企業、製造業、そして、ますます増加するグローバル化です。私たちは、この消費主義に対してどうやって影響を与えることができるのでしょうか?

私たちは、このような消費社会にインパクトを与えるにはどうしたらよいかと考えがちです。しかし、神は不可能を可能にする神であり、変革をもたらすことができるのですから、決して絶望的ではありません。


この世界には、最初は小さな声であっても、その声が神や良心的な人間の心に響いたために、プラットフォームを与えられている人たちがいます。しかし、クリスチャンがこのような問題に声を上げることはありません。



私たちが創造主の子として活動を始めるとき、私たちはこれまでとは違ったビジネス、資源を無駄にしないビジネスを行い、私たちのシステムや生活様式に再生可能エネルギーを取り入れるようになるでしょう。

今、世界が危機に瀕している理由の一つは、子としてのアイデンティティに安心できない精神で歩んでいるときに、人間が持つ孤児の心、消費者主導の「モノ」への欲求にあります。


私たちは、より多くの持ち物や商品が「必要」だからといって、労働力を見つけては安く生産してもらい、人や国が資源を搾取されるような世界を作ってしまいましたが、これらはすべて消費主義社会の結果です。



聖霊と治めること


このような環境への負担や消費主義の高まりの中で、私たちは自分の人生に責任を持ち、祈り、配慮することができ、聖霊が私たちに革新と制約、そして地球を管理する新しい方法を与えてくれると信じています。


私たちは、愛とは何か、命を捧げるとは何かを示すことができます。

これらの啓示は非常に関連性が高く、私たちが繁栄するための扉を開くと同時に、地球上で最も軽やかに歩むことができるようになります。


私たちは、平等で公平なビジネスを行い、人々を搾取するのではなく、むしろ子供のような心で、お互いに、そして私たちの惑星を思いやることができるのです。私たちは、愛とは何か、命を捧げるとは何かを示すことができます。


そして私たちは、人々に神の変革させる存在との出会いをもたらし、それが彼らのビジネスや習慣を変革させる力となるのです。


私たちは、最も革新的で、神の資源を最も大切に使う神の民となる力を持っています。私たちは神のパートナーとして、神が私たちと楽しむために創造した世界を大切にするために最善を尽くすことができるのです。



閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page