異なる意見に対処する10のルール

by スティーブ・ロング




昨年のロックダウンとパンデミックの間に興味深いことが起こりました。


旅行や仕事に出かけず、外出が少ないことで、人々は自分で検索する時間がありました。 私たちは誰かの意見を少し読んで、それが自分の意見であるかのようにその視点を繰り返し始めます。


また、他人の意見に対して非常に不寛容になっています。 前に好きではなかった人々のことも、自分の意見に同意したら好きになるのです。


逆に言えば、心の中で友達の意見に異議を唱え、そもそもなぜその友達を好きだったのだろうと疑問に思います。 パンデミックの制限は、私たちの関係に余分なストレスと緊張を引き起こしています。



クリスチャンが同意できないとき

私は、1世紀の教会が同意できないテーマについて、どのように苦労したのだろうと考えてきました。


彼らには予防接種の議論、政治的な議論、ロックダウン論争はありませんでしたが、問題がありました。彼らが最も話していたのは、偶像に捧げられた肉を食べるかどうかでした。


肉を購入するための最も安価な方法は、ダイアナやゼウスなどの神への生贄として最初に捧げられた肉を購入することだったようです。神殿の祭司たちはそれをすぐに売り払うことを喜んでおり、イエスの多くの信者は割引された肉を買う機会がありました。しかし、イエスの信者の中には、これはひどいことだと感じた人もいました。なぜあなたは外国の偶像への霊的な扉を開くのですか、と。


討論が続き、使徒パウロはそれについて何度かコメントしました。


私にとって興味深いことは、使徒15章で、より大きな問題について話し合うために集まった教会指導者の評議会があったということです。異邦人は最初にユダヤ人になる必要があり