top of page

異なる意見に対処する10のルール

更新日:2023年4月24日

by スティーブ・ロング




昨年のロックダウンとパンデミックの間に興味深いことが起こりました。


旅行や仕事に出かけず、外出が少ないことで、人々は自分で検索する時間がありました。 私たちは誰かの意見を少し読んで、それが自分の意見であるかのようにその視点を繰り返し始めます。


また、他人の意見に対して非常に不寛容になっています。 前に好きではなかった人々のことも、自分の意見に同意したら好きになるのです。


逆に言えば、心の中で友達の意見に異議を唱え、そもそもなぜその友達を好きだったのだろうと疑問に思います。 パンデミックの制限は、私たちの関係に余分なストレスと緊張を引き起こしています。



クリスチャンが同意できないとき

私は、1世紀の教会が同意できないテーマについて、どのように苦労したのだろうと考えてきました。


彼らには予防接種の議論、政治的な議論、ロックダウン論争はありませんでしたが、問題がありました。彼らが最も話していたのは、偶像に捧げられた肉を食べるかどうかでした。


肉を購入するための最も安価な方法は、ダイアナやゼウスなどの神への生贄として最初に捧げられた肉を購入することだったようです。神殿の祭司たちはそれをすぐに売り払うことを喜んでおり、イエスの多くの信者は割引された肉を買う機会がありました。しかし、イエスの信者の中には、これはひどいことだと感じた人もいました。なぜあなたは外国の偶像への霊的な扉を開くのですか、と。


討論が続き、使徒パウロはそれについて何度かコメントしました。


私にとって興味深いことは、使徒15章で、より大きな問題について話し合うために集まった教会指導者の評議会があったということです。異邦人は最初にユダヤ人になる必要がありましたか?それとも、イエスに従う者となったら、ユダヤ人の習慣から解放されたのでしょうか?


答えは、私たちがクリスチャンになるためにユダヤ人になることはないということでしたが、いくつかの制限がすべての教会に送られました。パウロはその手紙を参照しています。


「信仰に入った異邦人に関しては、偶像に供えたものと、血と、しめ殺したものと、淫らな行いを避けるべきであると決定し、すでに書き送りました。」使徒21:25


新しい啓示を理解する

しかし、パウロはもっと啓示を受けたので、見方を変えたように見えます。彼にとって偶像は何の意味もなく、力もなかったので、彼は今や偶像に供えられた肉でも大丈夫でした。


ローマ人への手紙第14章は、偶像に供えられた肉が食べても大丈夫かというトピックに専念する章です。パウロはまた、特定の曜日(安息日または日曜日)が他の日よりも聖なる日であるかどうかについても話しました。この信じられないほど実用的な章で、パウロは私たちが他の信者と意見が合わない場合の行動規則を示しています。



意見 VS 真実

聖書が「近親相姦は大丈夫ですか」などのトピックを明確に扱っていない限り、私たちは今、意思決定の原則を見つけることを求めます。パウロがすべての食べ物は良いと宣言しましたが、必ずしも私たちにとって良いとは限りません。そのため、新約聖書ではアカザエビを食べることが許可されていますが、毎日夕食にアカザエビを食べると、コレステロールが含まれているため、早くイエスに会うことになります。


聖書は近親相姦は罪であると言っています。意見は必要ありません。しかし、偶像に供えられた食べ物については論争となりました。 1世紀の教会の善良な人々は、このトピックについて意見が分かれていました。


異なる意見を共有する友人、友人でない人とどのように関わりますか?

聖書はどのように振る舞うように言っていますか?


これは、ThePassion翻訳のRomans14に基づく10の簡単なルールです。


1.意見を討論しないでください。

そして、人々との討論に従事することを拒否します。ローマ14:1


2.他人の意見を裁かないでください。

他人のしもべを裁くあなたは何者ですか?ローマ14:4


3.私たちは意見のために生きていますか?御国のために生きていますか?

私たちが生きている間、私たちは自分の主人のために生きなければなりません、そして死んだら彼に名誉をもたらさなければなりません。ローマ14:8


4.他人の意見で決してつまずかせません。

あなたの行動のために、兄弟姉妹を故意につまずかせたりしないと決心してください。メシアが命を与えられた人を食べ物のことで滅ぼさないでください。ローマ14:13,15


5.個人的な信念に反しないでください。

私は、主イエスからの個人的な啓示によって、食べ物を食べることに何の問題もないことを知っており、確信しています。ローマ14:14


6.意見ではなく御国の価値観に焦点を当ててください。

神の国は食べ物や飲み物に関する規則の問題ではなく、義と平和と喜びに満ちた聖霊の領域にあるからです。ローマ14:17


7.正しくあることではなく、関係を優先します。

お互いを強め、励まし合うことを熱心に求め、人間関係の調和のとれた平和な生活を送ることを最優先事項にしてください。ローマ14:19


8.異なる意見で他人を故意に怒らせるのをやめます。

食べ物について自分の意見を主張することによって、神の働きを台無しにするのをやめなさい。何でも食べられますが、故意に食べたものに腹を立てるのは間違いです。ローマ14:20


9.自分の意見を他人に押し付けないでください。

あなた自身と神との間で、これらの問題についてあなたが持っている信念を保ち、他人にそれらを押し付けないでください。ローマ14:22


10.他の人の意見ではなく、啓示に基づいて行動することであなたの人生を生きてください。

信仰から生まれない私たちの行動は、定義上、罪深いものです。ローマ14:23




聖書を見ると、パウロが今日でも使えるガイダンスを提供していることがわかります。神の霊があなたの周りの人々の心で働いているように、神はあなたの心の中で働いています。


私たちがまず神を敬うことを求めるとき、他の人の意見がどうであれ、私たちは平和を体験することができるのです。



閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page