もっと気づくようになる - 神と出会う 7つのガイド 2日目



2. もっと気づくようになる

- 詩篇139:7-10

- ルカ10:21-22

- 使徒行伝2

「私はどこへ行って、あなたの御霊を離れましょうか。私はどこへ行って、あなたのみ前を逃れましょうか。私が天にのぼっても、あなたはそこにおられます。私がよみに床を設けても、あなたはそこにおられます。」詩篇139:7-8

太陽のエネルギーは、地球上の生命を支えています。

太陽が見えないからといって、その存在が消える訳ではありません。

真夜中や、曇に陽が隠れていても、太陽から放出される熱や光を常に受けています。


神様を表すクリスチャン用語の1つに、遍在の神という表現があります。

神様はどこにでも存在しているという意味です。

たとえこの目で見えなくても、神様は私たちの近くにおられます。

家にいようが、スーパーにいようが、ヨーロッパの大聖堂でも、リオデジャネイロのスラム街でも、聖霊様はおられます。


神様は常に存在しています。

でも時に私たちは、普段とは異なる特別な神体験をすることがあります。

神様の声を聞いたり、動かれるのを見たり。

神様の存在にもっと気づけるようになります。

ルカ10章で、イエス様は御霊によって喜びに満ち溢れた、とあります。


イエス様はいつもハッピーで平穏な方であったでしょうが、この時の喜びは、飛び抜けたものでした。

圧倒的な喜びに満たされて、神の御業をほめたたえたのです。


使徒行伝2章には、弟子達の劇的な聖霊体験が書かれています。

聖書を手に取り、読んでみてください。ここで聖霊の働きがどのように描かれていますか。


· 激しい風

· 舌のような炎

· あらゆる言語で語り出した弟子達

· ペテロの勇敢さ

· 酒に酔ったように見えた弟子達

· 沢山のしるしと奇跡

· 信仰者たちの一致

· 喜んで愛を分かち合う姿

ルカ10章に見るイエス様の様な体験が、あなたにも起こります。

それは聖書的な体験です。


神様に出会うとき、平安、喜び、愛、力に満たされる体験をするでしょう。

このような形で神様が私たちと関わるのは、実はいたって普通の出来事なのです。

神の力と栄光が現れるとき、ありとあらゆる素晴らしい御業が起こります。


YOUR TURN: 心を向ける

神様は遍在の神、あなたはどこにいても主の臨在に心を向けることが出来ます。今日、実際に主の臨在に心を向けてみてください。

「主よ、私と共にいて下さりありがとうございます。今この場所で、あなたを体験的に知りたいです。お父さん、あなたは子に良い贈り物をなさる方です。今日私に聖霊様を与えてください。語ってください、平安をください、あなたの愛を示してください。今この場所で、あなたのことにもっと気付くことができる様、助けてください。」

平安や喜びを感じるなら、それは聖霊様があなたに現れている証拠です。主に感謝し、もっと触れてくださいと、祈ってみましょう。


  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸

​下記の項目を入力して「送信」をクリックすると、私たちからのニュースレター(不定期)を購読できます。

※必ず日本語でお名前をご入力ください。

​※毎月のアップデートを購読されたい方は、サポーター登録を行ってください。

Catch The Fire Japan

〒327-0003 栃木県佐野市大橋町1617

0283-24-6653