神が第一




神はすべての中心です。神はすべての源であり、彼は始まりと終わりです。もちろん、私たちは皆これを信じており、それを知っていますが、今年は特に、メディア、ソーシャルメディア、人々、さらには私たちの周りの状況ではなく、神に焦点を当てることを確実にしたいです。


私たちの周りには多くの気晴らしがあり、人生の忙しさだけでも私たちの焦点を奪うことができます。私たちは周りの世界に揺さぶられたり動かされたりすることがありますが、神にしっかりと立ち、神に目を向けると、揺るぎないものになります。



詩篇16:8 私はいつも主に目を留めています。彼が右手にいれば、私は動揺しません。



今年、私たちが実際に神を第一に置くことができるいくつかの方法があります:


1)御言葉に根ざしている。

毎日御言葉で時間を過ごし、今年は朗読計画にコミットします。

聖書全体を通して、献身的な計画または朗読計画に従って、神の言葉に根ざすことを意図的にしましょう。


ヨシュア記1:8 この本を絶えず研究してください。昼も夜も瞑想して、書かれていることすべてに従うようにしてください。そうして初めて、あなたは繁栄し、あなたがするすべてのことに成功するでしょう。



2)神の前で時間を意図的に過ごす。

時間をかけて神の臨在に浸り、今年神が私たちに与えてくださるすべての善を受け取りましょう。浸ることはまた、私たちが御霊と彼が私たちに言っていることに同調するのを助けます。


詩篇23篇を読んで黙想してください。



3)焦点-私たちは何を見ていますか?

今年は、適切な場所に焦点を当てることを確認する必要があります。すべての源としてのイエスに対する私たちの目、私たちが朝目覚めるとき、私たちの最初の考えは彼であり、私たちが夜寝るとき、私たちの最後の考えは彼です。何が良いのか、何に感謝しているのか、そして彼が誰であるのかについて、私たちの焦点と考えを固定するのに役立ちます。


ヘブル12:2 私たちは、信仰の創始者、完成者であるイエスに目を留めることによってこれを行います。


4)休息 - 安息日。

真に休むためには、まず神を優先する必要があります。時間をかけて神の善、良さの中で休み、神がしていることすべてに感謝し、神が誰であるかを感謝することは、私たちが優先順位を正しく保つのに役立ちます。次の引用はウェイン・ミューラーからのものです:


「安息日は、私たちが一歩下がって休むと、そのすべてが全体的に見えることを前提としています。私たちは自然に物事の良さを見て、困難な時代でも生きる根底にある強さ、美しさ、知恵を味わい、生きていることの祝福、贈り物を喜ぶでしょう。」


ヘブライ4:9 ですから、神の民を待っている特別な休息がまだあります。


今のあなたの人生のリズムについて考えてください。意図的に神を第一に考える必要のある場所はありますか?あなたが朝目覚めるとき、あなたは神について最初に考えますか(またはあなたは最初にあなたの電話をチェックしますか;))?彼の前に浸りながら、御言葉の中で時間を過ごすために取っておける時間はありますか?それはすべて優先事項です。私たちがそれを大切にするなら、私たちはそれに時間を与えます。時間が足りないということはありません!十分な時間があります。優先順位が正しい順序になっていることを確認する必要があります。


私たちは、神が私たちが持っているすべてのものの中で最初で最高のものを神に与えることによって、私たちの人生で最初であることを示します。私たちの時間、私たちの考え、私たちの仕事、私たちの贈り物、私たちの財政、私たちの休日-すべて!



- 祈り -


神様、今年は私の人生のあらゆる分野であなたを第一に考えます。毎日のスケジュールを変更して、必要な場所に焦点を合わせる必要がある領域を教えてください。

目覚めたときから寝るときまで、あなたに目を向けることを選びます。あなたは私の人生の中心であり、最初にあなたに最高のものを与えます。

62回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

つながる

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸

​下記の項目を入力して「送信」をクリックすると、私たちからのニュースレター(不定期)を購読できます。

※必ず日本語でお名前をご入力ください。

​※毎月のアップデートを購読されたい方は、サポーター登録を行ってください。

Catch The Fire Japan

〒327-0003 栃木県佐野市大橋町1617

0283-24-6653